読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカーマスコミの“エアインタビュー問題”で

サッカーマスコミの“エアインタビュー問題”で、告発者の作家による暴行疑惑が持ち上がっている。

 数カ月前から、雑誌名を具体的に挙げてサッカー専門誌による捏造インタビューが存在することをノンフィクションライターの田崎健太氏が告発していたが、名指しされた雑誌の「ワールドサッカーキング」(フロムワン)の岩本義弘編集長は、これこそ「捏造記事」と反論。「田崎氏の指摘は全くの事実無根であり、単なる“妄想記事”」として、当該記事の取材経緯を明かしているhttp://paradisebones.sp.land.to/ivent/modules/d3forum/index.php?post_id=50
http://sajigawa.sub.jp/legacy/modules/d3forum0/index.php?post_id=1551
x。

 田崎氏の主張の中には、エアインタビューと疑われる記事の共通点として「取材したときの写真が掲載されていない」「監督や同僚批判など刺激的なものは皆無」といったことを挙げていたが、これはエアインタビューの直接的な根拠には乏しく、また、岩本氏の反論の方では「本人とマンツーマンでインタビュー取材をした上で、ボリューム的に足りないところを、囲み取材及び記者会見の言葉から補足」という純粋な独占インタビューではないことを認めるかたちになっており、ネット上では双方に率直な意見が寄せられている。

 ただ、ある出版関係者からは「以前から2人は仲が悪かったから、個人的なケンカの意味合いもありそう」という話が聞かれる。この関係者によると、なんと過去にパーティーの席上で2人が暴行トラブルにまで発展したことがあるというのだ。

「1月のことだったと思います。私はその会場にいませんでしたが、あるパーティーで2人が顔を合わせた際、田崎さんがかなり泥酔していて、岩本編集長に『エアインタビューしてるだろ』と詰め寄ったそうです。…

http://paradisebones.sp.land.to/ivent/modules/d3forum/index.php?post_id=50
http://sajigawa.sub.jp/legacy/modules/d3forum0/index.php?post_id=1551
http://unso.sakura.ne.jp/xoops/modules/d3forum/index.php?post_id=65

10代からアイドルとして活躍した彼女も、今や五十路熟女

今回取り上げるのは女優の斉藤由貴
 10代からアイドルとして活躍した彼女も、今や五十路熟女。現在、NHK大河ドラマ真田丸』に「阿茶局」役で出演、『au』のCMで演じるお母さん役が「すごく可愛い」と話題だ。
 丸額・三日月眉・柔らかな眼光・大きく丸い鼻頭・おちょぼ口・厚い唇と、数いる女優の中でも「女性度」のすこぶる高い顔相。下瞼の目尻ラインが下がっていて、他力本願で人生を切り開いて吉となる女相だ。
 熟女の年代になっても髪を前に垂らしていることが多く、芯の部分では自信に欠け、いつまでも女の子でいたいブリっ子タイプ。従順ながらわがままで、良くも悪くも非常に女っぽい心性の持ち主だ。

 若い頃から臥蚕(下瞼の睫毛の生えているあたり)の張りが弱く、性的には淡泊。狭かった田宅(上瞼)が加齢とともに広くなり、一文字の太い眉が細く弓なりに変化して、いい感じに好色性が増した。
 肉付きの薄くなった田宅に重操紋(半月形のシワ)が1本入り、完全な小鳥目相(男を虜にするセックステクニシャンの相)ではないにしても、淫蕩度もグッとアップしている。
 厚い唇は情愛が濃く、とりわけ奉仕愛・他者愛を示す上唇が厚いのは、男性への愛戯を惜しまない相。しかも、彼女はその唇に歓待紋(細かな縦皺)が多く、性感良好に加えてセックスで相手を歓ばせようとする心性が強い。
 おちょぼ口の女相は、性愛において、情緒面でも(後に詳述の)名器性においても、男性の期待を裏切らない。…http://net-syakai.com/modules/d3forum/index.php?post_id=4055
http://ochoco.dip.jp/modules/d3forum/index.php?post_id=488

淫乱度】は「4」と高く、男性側が受ける感覚的な【淫乱度】なら満点の「5」が出せる。

 口・アゴの骨格・歯列がすべて小さく、眉相にも強さがなく、生活力やスタミナに欠ける。鼻相は豊かで金運には恵まれるも、セックスも人生も男任せ。【絶倫度】は低く、「2」。
 先天的名器度が現れる、耳の穴の手前にある切れ込みが平凡(右側はやや良形)。おちょぼ口と、口元の豊かな肉付きが名器相ながら、その口元の締まりがややユルく、【名器度】としては「3」。
 三日月眉とおとなしい臥蚕相があげまん要素ながら、厚い唇がマイナス。垂れた眼形でも大きく足を引っ張り、【あげまん度】は「2」どまりとなった。

 ホクロの多い顔だが、目の周囲には少なく、男女関係や夫婦関係での致命的な破綻は避けられる。
 ただ、左右両側の賊盗(頬骨の下の一帯)にホクロがあり、これは他人に恋人や愛人を奪われたり奪ったりという、恋愛上のトラブルの多い相だ。
 女性度の高い顔相で、その分、モテ度(本連載では尻軽度に算入)がアップして、結果、【尻軽度】は「4」と高くなった。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

http://ochoco.dip.jp/modules/d3forum/index.php?post_id=488

アジア旗艦店「カルティエブティック銀座」グランドオープン点灯セレモニーが2

アジア旗艦店「カルティエブティック銀座」グランドオープン点灯セレモニーが26日、東京都内で行われ、女優の宮沢りえが出席した。

 同店は、最上のサービスと究極のラグジュアリー体験によってメゾンの真髄を象徴する場所として28日にグランドオープンする。

 宮沢は「いわゆる“銀ブラ”をよくするので、通りを歩いていて、いつできるのかとファンの一人として楽しみにしていました。いっそう華やぐ通りになったと思います。ジュエリーのお店はドラマがある。素晴らしいお店でそれぞれのすてきなドラマを作ってほしい」と新店舗のオープンを喜んだ。

 ピンクベージュのドレスに20カラットを超えるベリーライトブラウンのダイヤモンドネックレスなどのハイジュエリーを身に着けた宮沢は、総額約5億円と明かされると「きゃー!」と悲鳴を上げて笑いを誘い、「やっぱり日常で着けるものとは違って華やぎますし、鏡があれば思わず見とれてしまいます」とご満悦の様子だったhosei-imbs.sakura.ne.jp/ohmura/xoops/modules/d3forum/index.php?post_id=103
http://lotofiling.com/modules/d3forum/index.php?post_id=40


 また、来年で仕事を始めて30年の節目を迎える宮沢は、自分へのご褒美にカルティエでリングを作っているところだという。

 「母が人生の節目にプレゼントしてくれるのがカルティエ。私にとって赤い袋は思い出」と振り返った宮沢は、最も思い入れのあるジュエリーのエピソードとして、「いつか、おばあちゃんがくれたんだよと贈ってあげて。それまではあなたが預かって」と、孫の誕生石のエメラルドをあしらったリングを母から譲り受けたことを明かした。

http://naotrading.jp/modules/d3forum/index.php?post_id=34
http://natsu-oz.versus.jp/xoops/modules/d3forum/index.php?post_id=6974